斜陽の眩しさに憧れて

将棋NHK杯 続

橋本8段と深浦9段の対局はとても緻密な組み立てで淡々と進んでるように見えました。
それでも、橋本8段のペースになりつつあって、橋本八段優勢と思ったら深浦9段が予想外の1手。その1手で深浦9段も勝利を確信したように余裕が見えました。
もう深浦9段の勝利かと思ったら、ここで出た、橋本8段の勝負を決める1手…
結果は、橋本崇載8段の勝利となりました。最後までドキドキした1番でした。
木村一基8段の解説は、いつもながらとても分かりやすくて楽しめました。
何ともマニアックな話になりました。(;^ω^)
次回は、佐藤天彦名人VS渡辺明竜王の対戦です。またまた楽しみですね。

因みにアニメ『3月のライオン』も将棋の話なのでばっちり見てます。ニャー将棋の歌も歌ってます。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)